フリーランス翻訳者を目指す世迷言

2017年2月にフリーランス翻訳家になる。海外移住を目指しているが、さて。。。

時差を超えた仕事の依頼

現在の仕事は、日本国内のアメリカ官庁向けなので、基本的に時差はありません。休みの日が異なるので面倒な部分もあるのですけどね。

一方、フリーランス翻訳業務は、現在発注が増えているのがインドの会社。
インドは日本と3.5時間と面倒な時差です。
昨日の夕方、日本時間で23:30までの翻訳+翻訳チェックの仕事が舞い込んできました。
251 Wordsだということだったので、大丈夫だと思い、受けました。
帰宅してファイルのチェック。微妙に多いかも。
でも食事をしてから翻訳して、見直して22:15には完了。
いつもなら、完了メールを出してすぐに確認メールが入るのに今回は入ってこない。
あら? と思いながらも寝ました。
朝5:30に起きたら、夜中過ぎ 0:30の留守電とケータイにインドからの電話。
メールをチェックしたら、ファイルが違うという。
そんなはずないとよくよく読んだら、そもそも依頼のファイルが間違っている。
翻訳依頼番号の間違いなんてわかるわけないじゃん!
そして、ファイルを提出して締切まで1時間以上もあったのに、確認しなかったそっちが悪い! と朝から怒りモードのメールを出しました。
やっぱりここの会社、単価も低いし、プロジェクトによって提出の仕方が異なったりして面倒だから、しばらく断り続けるかな。。。

昔、IT業界で仕事をしていた時は、アメリカ西海岸が多かったので比較的楽でしたね。
日本の午前中が西海岸の夕方でしたから。
アメリカの東海岸はちょっと面倒。こちらの早朝がむこうの夕方。
ヨーロッパはこちらの夕方がむこうの朝方。

うーん、早く北米西海岸に住みたいもんだ。。。

フリーランス翻訳の請求書にため息

師走になったので、11月分の請求書を出せとインドの会社からのメール。
先週末に翻訳が一件あったのですが、それでも合計金額は2,576円。
うーむ。。。

先週末の土曜日は、ファイナンシャルプランナーの継続単位を取るためにセミナー参加。そこでも独立するまでは3年我慢と言われました。

どっちも大変。やっぱりしばらくは雇われの身で貯金するしかないようです。

本業の方は先週面接した女性が本日から勤務。
TOEIC950という点数の人なので、仕事を振れると楽しみ。
私、自分より高いTOEICの人と一緒に仕事をしたのはこの会社でしかないのです。

そんなにすごい会社?
いや、そうではないのですけどね。

とりあえず合格したので、どの道に進もうか検討中

9月の試験は無事合格。

これで、ファイナンシャルプランナーとして登録して、維持すれば、稼ぐことも可能になります。

まあ、維持にはお金も勉強も必要なのですけどね。

さて、翻訳の仕事の話。

本業の方はバタバタとしているし、少ない人数なのに一人病気で辞めてしまうことになったので、現在ハローワークで募集中。

それなりに高いTOEIC点数が必須なのですが、応募者はかなり年齢が上の男性ばかりなので、欠員となった女性の代わりを探しているうちの社長はなかなか面接も設定しません。その応募者の経歴を見ることがあったのですが、かなり多くの翻訳学校に行き、それなりに翻訳経験がある人がいました。でも、専門がちょっと違うような感じ。

翻訳学校に行くと、それなりに仕事を回してもらえるのですが、それがいつまで続くのか疑問になりますよね。私もフリーランス翻訳家になろうとした時に翻訳学校の資料も取り寄せたのですが、気乗りしないまま、フルタイムの仕事に飛びついてしまったので、正確な状況はわかりませんが。。。

現在の仕事はかなりニッチな分野なので、きっと普通の翻訳契約のつもりで来ると苦しくなると思いますね。例えば、magazineという単語。それがかなり軍事的な意味を持つことを先日学びました。

 

さて、今日は夕方になって、インドの会社から翻訳依頼。

返事が10分ほど遅れたので、チェック係になりました。でもその翻訳が時刻通りに上がってこなかったので、電話をかけてきたコーディネータとひと悶着。まあ、無事に完了。しかし、あの騒ぎでいくらの稼ぎになったのやら。多分1000円にもならないかもね。

フリーランス翻訳家の道は遠いかも。

試験勉強をしていました

4ケ月以上も前回のエントリーから間が開いたのは、2回、資格試験を受け、そのためにかなり真面目に勉強していたからです。

その間に翻訳仕事は2件かな。
その2件が、本業での6月の出張と重なって、かなり乱雑な出来になり、単価を引かれるというかなり屈辱的なことになりました。
でも、自分のスケジュール調整ミスで、満足なプルーフ・リーディングできなかったのは事実です。
しかし、出張から夜11時に帰宅して、それから2時間、翻訳のやり直しなんて、ハードすぎました。
それ以来、フリーランス翻訳家の仕事はお休みしています。

まぁでも、資格試験が終わって、結果が悪ければ再度チャレンジするつもりだけど、それは来年かな。
というのも、本業の方で結構大き目のプロジェクトがもうすぐ動き出す予定で、それが動き出すと来年3月までは気持ちに余裕が持てないかもしれないから。
受かっていれば話は別だけど、今回はマジで自信がない。。。

需要と供給ってなかなか見合わないものかも

前回のエントリーを書いた翌日、色々なメールが来ました。

・宛名を間違えていたような翻訳会社からは、何人かの翻訳者に同じようなメールを送り、私だけは電話をしていない (つまり例外だった) のに、「電話をしたように」という部分を削除し忘れたという話。うーむ、微妙なので、正直にフルタイム勤務を伝えました。

・新しい翻訳会社から日本語メニューに関する翻訳者募集。前回のプロジェクトがかなりしんどかったので、登録をお断りしました。

・契約書を迷惑メールフォルダに入れっぱなしにしていた翻訳会社からはものすごく大量の翻訳依頼。Excelだったので、Word数も数えていないという依頼。とてもフルタイム勤務の隙間にできる量ではなかったので、これも正直にお断りしました。


それからしばらくそんな翻訳者募集メールとか翻訳依頼が来ましたが、とりあえず全部お断りしました。
もったいないとは思いますが、フルタイム勤務と勉強でしばらく余裕がないのが現実。

さて、そのフルタイム勤務の方は、無事に社会保険の保険証も届きました。
ヘッドハンターから電話が掛かってきて、今の職場でハッピー? と聞かれましたが、本音を言えば、まだわかりません。
でも、ヘッドハンティングではよさそうなことを言われ、経歴もOKとなっても、日本オフィスの担当者に話が移ると年齢がひっかかるという溜息が出る状況を何度も繰り返す気力は今のところ、ありません。

さて、再就職したので、再就職手当が出るというお知らせが昨日、来ました。

ハローワークインターネットサービス - 就職促進給付

私の場合は、150日という支給日数のうち、100日以上を残して、フルタイム勤務になったので、74.9日分がもらえることになりました。まあ、60歳以上65歳未満は4,707円という金額ですけどね。それでもこの再就職が昨年だったら70%ではなく60%という話だったので、ラッキーだと思いましょう。

そして、このサイトのその下に書いてある就業促進定着手当も6ケ月真面目に勤務すればもらえるらしい。もちろん手続きは必要ですが。えぇ、もちろん、手続きしますとも。だって、賃金低下していますから。
でもそれを不満に思うよりも、先進的に見えながらちっとも先進的ではない日本におけるIT業界を離れて、夕方5時に退勤できる今の状況をしばらく楽しもうと思います。

もちろん、毎日、新しいGlossaryを作り続けていますけれどね。その分、翻訳の幅が広がると前向きに考えます。いや、まじでなかなか他では使わないような単語が出てきます。また、それについては別の機会に。

セキュリティってやっぱり不注意からかも

本日、2月に仕事をした翻訳会社からしばらくぶりにメールが来ました。

しかし、どう読んでも、誰かと間違えている。。。

別の翻訳会社の担当からも違う名前に宛てたメールを受け取ったこともあるし。

それって、翻訳者に係るセキュリティが甘い、言い換えれば思いやりがないという感じですね。

思いやりがないと言えば、試験だけしておいてその結果を出さない会社とか、契約書を送ったら数週間も迷惑メールフォルダに放置していた会社もありましたね。

まぁ、ハローワークを通じて翻訳者として応募して、試験を出してから3週間も放置していた会社もあったし。それで電話してきた時は次の通訳としての試験。。。お断りしましたよ、もちろん。

とりあえず、今の会社に勤務してよかったのかも。

こんな記事も見つけましたしね。

キャリアを捨てる働き方── 定年シニアが生き残るには(Yahoo!ニュース 特集) - Yahoo!ニュース

まあ、分野は違うけれど、肉体労働ではなく、今までの英語実績も無駄にならない職だからね。

ブログ名を変更しました

2月にフリーランス翻訳者として、サイトに登録したり、翻訳会社と契約したりしましたが、世の中は厳しく、2ケ月で2件という実績。それもものすごい低い単価からスタートするしかなかったので、かなりボロボロになりました。

失業保険がまだもらえる状況だったのですが、あまりに先行き不安がつのり、面接で気にいられた会社に4月半ばから勤務することになりました。

でも、今までのIT業界とは全く異なる業界だし、職務もマーケティングではなく、もっと泥くさい仕事です。

しかし、仕事の大半はアメリカの様々な規定を読み込む仕事なので、翻訳者としてのキャリアにはプラスになるかも、と思っています。

最初の一週間は、とにかく目につく単語のGlossaryをまとめる作業でしたからね。

まあ、翻訳家として仕事をするのであれば、自分なりのGlossaryを作るのは常識かもしれないのですが、意外に部分的にしか作らない人も多いようですね。

さて、ここで思い出したのが、その実績で手掛けた日本語→英語のプロジェクト。

いわゆるグルメサイトの翻訳だったのですが、日本は様々な料理が居酒屋でも食べられるし、オリジナリティを出そうと変な名前になっていたり、普段、私が食べない分野の単語はそもそもどんな料理から調べるということからしました。そのため、IT業界の翻訳の三倍、つまり単価的には1/3という悲しい結果になりました。締め切りがかなり厳しいプロジェクトだったので、1日に12時間以上、翻訳していた日もありました。

その時に参考にしたのは、このサイト

訪日外国人向け 日本の料理紹介サイト | Oksfood

しかし、翻訳の手配会社でチェックをする人間が、メニューのどこまでが固有名詞かわかっていないというのが後日わかってびっくりしました。現在あるサイトが原稿になっている部分もかなりあったので、私はそこまで検索しましたもの。

あの会社から次に依頼が来てもきっぱりお断りすることになるだろうな。